NHK Easierイーシア

Press F to toggle furigana
Press D to toggle dictionary

Stories on 2024-02-21

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed (also, there is a version without furiganas).

For some more stories, visit Slow Communication.

New: Download all stories of February 2024 as EPUB

ゆきつくった冷蔵庫れいぞうこからりんごを仕事しごと どもたちがやってみた

Story illustration

青森県あおもりけん鶴田町つるたまちでは、ゆきつくった冷蔵庫れいぞうこ雪室ゆきむろ」のなかにりんごをれて、保存ほぞんしています。

19にち小学校しょうがっこうども30にんぐらいが、雪室ゆきむろからりんごを仕事しごとをやってみました。

どもたちはたかさ2mぐらいの雪室ゆきむろをスコップでくずしました。そして、あか黄色きいろのりんごがはいったはこしました。

どもたちは、りんごをべて「水分すいぶんおおくておいしかった」とか「すごくあまい」とって、おどろいていました。

りんごを生産せいさんしているひとは「今年ことしゆきすくなくて、雪室ゆきむろつくるのが大変たいへんでした。雪室ゆきむろのりんごのおいしさをどもたちにってもらうことができて、よかったです」とはなしました。

石川県いしかわけん「ボランティアがまるところやしたい」

Story illustration

能登半島地震のとはんとうじしん被害ひがいけた石川県いしかわけんが2がつ16にち調しらべると、2まん6200にんぐらいがボランテイアの登録とうろくをしていました。しかし、活動かつどうしたひとは2700にんぐらいです。まるところすくないため、ボランティアが活動かつどうできる時間じかんみじかくて問題もんだいになっています。

石川県いしかわけんはせ知事ちじは「1200にんぐらいがまるところ用意よういしていますが、まだりません。これから役所やくしょ職員しょくいんやボランティアがまるところがたくさん必要ひつようになります。被害ひがいけたまちに、まるところやしたいとかんがえています」とはなしました。

計画けいかくでは、けんなどが土地とち用意よういして、プレハブなど簡単かんたんにできる建物たてものつくります。けんは、地震じしん被害ひがいけたホテルや旅館りょかんひとたちがそこで仕事しごとをして、まるひとから料金りょうきんをもらうことをかんがえています。まだ営業えいぎょうできないホテルや旅館りょかん支援しえんにもなるとはなしています。

能登半島地震のとはんとうじしんのニュース

かたづけるとき 安全あんぜん十分じゅうぶんをつけて
かたづけるとき ほこりをわないようにをつけて
避難所ひなんじょ病気びょうきにならないようにをつけること
▶「エコノミークラス症候群しょうこうぐん」 避難所ひなんじょでは運動うんどう大切たいせつ
地震じしん被害ひがいけた外国人がいこくじん 相談そうだんセンター

東京都とうきょうと都営地下鉄とえいちかてつ 全部ぜんぶえきにホームドアができた

Story illustration

えきのホームから線路せんろちる事故じこをなくすため、電車でんしゃ会社かいしゃなどは「ホームドア」をつくっています。

東京都とうきょうと都営地下鉄とえいちかてつでは20日はつか、106の全部ぜんぶえきにホームドアができました。

東京都とうきょうとによると、最後さいごにホームドアができたえきはし電車でんしゃには、2次元じげんコードがってあります。ホームにあるカメラが2次元じげんコードをんで、ホームドアがいたりまったりします。

7390_1_L.jpg

このホームドアのための電車でんしゃ工事こうじに、いままでのやりかたでは、20おくえんかかる予定よていでした。あたらしく2次元じげんコードを使つかうやりかたにしたため、かかったおかねやく270まんえんだけでした。

障害しょうがいがあるひと団体だんたい三宅隆みやけたかしさんは「ホームドアがあったら、障害しょうがいがあるひとは、とても安心あんしんです。あたらしい技術ぎじゅつ使つかって、ほかのえきにもホームドアをはやくつくってほしいです」とはなしていました。

「サムゲタンで元気げんきになって」地震じしん避難ひなんしているひと韓国かんこく料理りょうり

Story illustration

石川県いしかわけん七尾市ななおしで、先月せんげつ地震じしんのあと避難ひなんつづけているひとのために、韓国大使館かんこくたいしかんひと日本にっぽんんでいる韓国人かんこくじんなどが料理りょうりつくりました。

大使館たいしかんひとなどは、おおきななべで、鶏肉とりにくはいった韓国かんこく家庭かてい料理りょうり「サムゲタン」をつくりました。韓国かんこくのキムチなども用意よういしました。そして、避難所ひなんじょにいる140にんべてもらいました。

77さい男性だんせいは「としったひとべやすいあじで、おいしいです」といました。そして「これからの生活せいかつやおかね心配しんぱいです」とはなしました。

韓国かんこく大使たいしは「韓国かんこくでは、元気げんきがないときにサムゲタンをべます。みなさんがはや普通ふつう生活せいかつもどることができるようにねがっています」とはなしました。

能登半島地震のとはんとうじしんのニュース

かたづけるとき 安全あんぜん十分じゅうぶんをつけて
かたづけるとき ほこりをわないようにをつけて
避難所ひなんじょ病気びょうきにならないようにをつけること
▶「エコノミークラス症候群しょうこうぐん」 避難所ひなんじょでは運動うんどう大切たいせつ
地震じしん被害ひがいけた外国人がいこくじん 相談そうだんセンター