NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

保護ほごしたライチョウが大人おとなになってどもと一緒いっしょにいた

くに天然記念物てんねんきねんぶつのライチョウというとりは、長野県ながのけんなどのやまんでいます。かずすくなくなっていて、将来しょうらいいなくなる心配しんぱいがあります。

環境省かんきょうしょう山梨県やまなしけん北岳きただけというやまで、ライチョウをやすための活動かつどうを3ねんまえからおこなっています。やままれたばかりのライチョウを保護ほごして、ぶことができるようになるまでの1かげつぐらい、おりのなかそだてています。

環境省かんきょうしょうは、おりからしたあと、大人おとなになってどもと一緒いっしょあるいている1のライチョウを今年ことしがつはじめてつけました。環境省かんきょうしょうは「ライチョウをやすことはむずかしいですが、すばらしい結果けっかだとおもいます」とはなしています。