NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽんの「労働生産性ろうどうせいさんせい」は7つの先進国せんしんこくなかもっとひく

Story illustration

経済けいざい研究けんきゅうなどをしている日本生産性本部にほんせいさんせいほんぶ毎年まいとし世界せかいくにの「労働生産性ろうどうせいさんせい」をくらべています。労働生産性ろうどうせいさんせいは、1人ひとりが1時間じかんはたらいてどのくらいものつくったりサービスをしたりできたかを計算けいさんしています。労働生産性ろうどうせいさんせいたかくなると、はたらひと給料きゅうりょうがります。

去年きょねん日本にっぽん労働生産性ろうどうせいさんせいは、OECD=経済協力開発機構けいざいきょうりょくかいはつきこうはいっている36のくになかで20ばんでした。日本にっぽんは1970ねんからずっと7つの先進国せんしんこく「G7」のなかもっとひくくなっています。

日本生産性本部にほんせいさんせいほんぶは、日本にっぽんちいさいみせやレストラン、ホテルなどがおおくて、ITの技術ぎじゅつやくてている会社かいしゃすくないことなどが、労働生産性ろうどうせいさんせいひく原因げんいんだとかんがえています。日本生産性本部にほんせいさんせいほんぶは「コンピューターのAIやロボットをうまく使つかってほしいです」とはなしています。