NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいから24ねん くなったひとのためにいの

17にち、6434にんくなった阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいから24ねんになりました。神戸市こうべし東遊園地ひがしゆうえんちには、くなったひとのためにおおくのひとあつまりました。くなったひと家族かぞくなどがやく5000ぼんのろうそくにをつけて、地震じしんこった午前ごぜん46ぷんにみんなでしずかにいのりました。

31さい柴田しばた大輔だいすけさんは、地震じしんいえこわれて、3さいと1さいだったおとうとくなりました。柴田しばたさんは「ははおとうとたちをんでいたこえや、おとうといていたこえいまもはっきりとおもします」とはなしていました。

NHKは去年きょねん10がつ阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいおおきな被害ひがいけた神戸市こうべしなどにんでいるひと手紙てがみおくって質問しつもんしました。その結果けっか、94%のひと地震じしんなどのときのためにみずもの準備じゅんびしていました。しかし、この地震じしんまえてたいえんでいるひとなかで、おおきな地震じしんでもいえたおれないかどうか調しらべたひとは21%だけでした。

この地震じしんらないわかひとがこれからえていきます。どんなことがこったかや、どんな準備じゅんび必要ひつようかなどをつたえていかなければなりません。