NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

絶滅ぜつめつしたとわれるオオスナモグリがきてつかった可能性かのうせい

Story illustration

「オオスナモグリ」はかたいはさみがあるもので、えびやかにの仲間なかまです。関東かんとうから沖縄おきなわの50まんねんから8まんねんぐらいまえつちすななかから化石かせきつかっています。いままでにつかったのは化石かせきだけのため、専門家せんもんかは、オオスナモグリは全部ぜんぶいなくなって絶滅ぜつめつしたとかんがえていました。

千葉県立中央博物館ちばけんりつちゅうおうはくぶつかんは、3ねんまえと2ねんまえ高知県こうちけん静岡県しずおかけんうみすななかからつかったもの調しらべました。そして、このものはオオスナモグリの可能性かのうせいたかいといました。

博物館はくぶつかんによると、つかったものからだが10cmぐらいで、いま日本にっぽんにいる「ニホンスナモグリ」より1.5ばいぐらいおおきいです。DNAもニホンスナモグリなどとちがいます。

千葉県立中央博物館ちばけんりつちゅうおうはくぶつかんでは、6日むいかからこのもの標本ひょうほんることができます。