NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

佐賀県さがけん みずはいったいえをスーパーボランティアがかたづける

Story illustration

佐賀県さがけんではあめがたくさんって、おおくのいえなかみずはいりました。みずすくなくなった29にちから市民しみんやボランティアたちがいえかたづけはじめました。「スーパーボランティア」とばれている尾畠おばた春夫はるおさんも大分県おおいたけんから手伝てつだいにました。

尾畠おばたさんは去年きょねんがつ山口県やまぐちけんでいなくなった2さいおとこつけて、有名ゆうめいになりました。尾畠おばたさんはほかにも災害さいがいがあった場所ばしょなどでたくさんボランティアをしています。

尾畠おばたさんは29にち佐賀県さがけん武雄市たけおしみずはいったいえかたづける手伝てつだいをしました。このいえは74さい女性じょせい1人ひとりんでいて、尾畠おばたさんはどろきたなくなった家具かぐそとしたり、みずあらったりしていました。

このいえ女性じょせいは「らないひとにこんなにたすけてもらって、とても感謝かんしゃしています」とはなしていました。尾畠おばたさんは「こまっているひとすこしでもたすけたいとおもってました」とはなしていました。