NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

千葉県ちばけん研究所けんきゅうじょ 花粉かふん可能性かのうせいがないヒノキをつける

花粉かふん季節きせつになりました。花粉症かふんしょうひとは、くしゃみがたりがかゆくなったりして大変たいへんです。

ヒノキは花粉症かふんしょう原因げんいんの1つです。千葉県ちばけん森林しんりん研究所けんきゅうじょは、関東地方かんとうちほうにある8つの種類しゅるいのヒノキのなかで、花粉かふん可能性かのうせいすくないをさがしました。そして2つの種類しゅるいつけました。1つは36%、もう1つは56%、花粉かふんつく雄花おばなおおきくならなくて、花粉かふん能力のうりょくがないことがわかりました。

研究所けんきゅうじょはこの2つの種類しゅるいから、花粉かふんばない生産せいさんできる可能性かのうせいがあるとっています。

研究所けんきゅうじょは「花粉かふんばないやまえると、花粉症かふんしょうひとのためにいいとかんがえています。2028ねんごろから生産せいさんできるように研究けんきゅうつづけたいです」とはなしています。