NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

大相撲おおずもうの28さい力士りきしがコロナウイルスの病気びょうきくなる

Story illustration

大相撲おおずもう力士りきし勝武士しょうぶしは、4がつ4日よっかに38℃以上いじょうたかねつて、呼吸こきゅうくるしくなったので、8日ようか東京とうきょうにある大学だいがく病院びょういん入院にゅういんしました。からだ具合ぐあいがとてもわるくなったため、9日ここのかべつ大学だいがく病院びょういんはこばれて、あたらしいコロナウイルスがうつっていることがわかりました。

勝武士しょうぶし治療ちりょうつづけていましたが、5がつ13にちくなりました。28さいでした。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、あたらしいコロナウイルスが原因げんいん病気びょうきで、29さい以下いかひとくなったのははじめてだとっています。

ねつたとき、まわりのひとたちが保健所ほけんじょ電話でんわをかけましたが、ずっとつながらなくて、3日みっかぎても病院びょういんつかりませんでした。

日本相撲協会にほんすもうきょうかいは「勝武士しょうぶし病気びょうきになったときは、東京とうきょう保健所ほけんじょ病院びょういんあたらしいコロナウイルスで大変たいへんなときで、すぐに検査けんさ治療ちりょうができませんでした」とっています。