NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

将棋しょうぎ藤井聡太ふじいそうたさんが「棋聖きせい」になる いままででいちばんわか

Story illustration

日本にっぽん将棋しょうぎのプロには、「棋聖きせい」など8つのおおきなタイトルがあります。

16にち大阪おおさかで、藤井聡太ふじいそうたさんと渡辺わたなべあきらさんが「棋聖きせい」をめる試合しあいをしました。「棋聖きせい」になるには5かい試合しあいのうち3かいたなければなりません。2人ふたりは3かい試合しあいをして、藤井ふじいさんは2かいって1かいけていました。

試合しあい午前ごぜんからはじまって、午後ごご11ぷん藤井ふじいさんがって「棋聖きせい」になりました。藤井ふじいさんがタイトルをったのははじめてです。

藤井ふじいさんは17さい11かげつです。30ねんまえ屋敷伸之やしきのぶゆきさんがタイトルをったときの18さい6かげつよりわかくて、いままででいちばんわか年齢ねんれいです。藤井ふじいさんは「これからも努力どりょくつづけて、もっといい将棋しょうぎができるように頑張がんばります」とはなしました。