NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

こえこえてもはなしがわからないAPD 調査ちょうさはじめる

Story illustration

こえこえるのに、にぎやかなところにいるとはなしがわからなくなるAPDという症状しょうじょうがあります。外国がいこくでは、学校がっこうかよっているどもの3%ぐらいがAPDだという研究けんきゅうがあります。

日本にっぽんではどのくらいのひとにAPDの症状しょうじょうがあるかわかっていないため、専門家せんもんかのグループが調査ちょうさをすることになりました。今年ことしあきごろから東京とうきょう大阪おおさかなどで、小学生しょうがくせいから高校生こうこうせいまでの5000にんぐらいを調しらべます。

どもとおやなどにアンケートをおこなって、「いたことがわからなくて、もう一度いちどってもらうことがあるか」などの質問しつもんをします。

グループのひとは「いつごろから症状しょうじょうるか調しらべたいとおもいます。たくさんの病院びょういんでAPDかどうかわかるようにすることが必要ひつようだとおもいます」とはなしています。