NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ニホンオオカミがどうやってまれたかDNAを調しらべた

Story illustration

日本にっぽんにはニホンオオカミというオオカミがいましたが、100ねん以上いじょうまえ全部ぜんぶんだとわれています。山梨大学やまなしだいがくなどの研究けんきゅうグループは、栃木県とちぎけんつかったニホンオオカミの化石かせきべつおおきいオオカミの化石かせきなかにあったDNAを調しらべました。

そして「3まん5000ねん以上いじょうまえ大陸たいりくから日本にっぽんおおきいオオカミがました。それから、1まん4000ねん以上いじょうまえ大陸たいりくからべつ種類しゅるいのオオカミがました。この2種類しゅるいのオオカミからニホンオオカミがまれたことがわかりました」といました。

1まん4000ねん以上いじょうまえたオオカミは、いままでだれらなかった種類しゅるいです。山梨大学やまなしだいがくひとは「とてもふる化石かせきでDNAもすくなくてむずかしい研究けんきゅうでした。ひといぬとの関係かんけいや、全部ぜんぶぬまでの歴史れきしなどを調しらべていきたいです」とはなしています。

オオカミの化石