NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

はたらひと熱中症ねっちゅうしょうにならないようにあたらしい技術ぎじゅつ使つか

Story illustration

あつなつ工事こうじなどをするひとたちが熱中症ねっちゅうしょうにならないように、あたらしい技術ぎじゅつ利用りようすすんでいます。

東京とうきょうにある会社かいしゃかんがえたのは、うで時計どけいのような機械きかい使つかって、AIが熱中症ねっちゅうしょうになる危険きけんをチェックするサービスです。機械きかいをつけているひと熱中症ねっちゅうしょうになりそうなとき、機械きかい黄色きいろひかって、こまかくうごいて、やすむようにらせます。やすんだあと、仕事しごともどってもいいかもらせます。建物たてものをつくる会社かいしゃなど60の会社かいしゃ使つかっています。

べつ会社かいしゃみみにかける機械きかいをつくりました。心臓しんぞううご回数かいすうなか酸素さんそなどを調しらべます。仕事しごと管理かんりするひとがデータをて、はたらいているひとからだ具合ぐあいがよくないときは、連絡れんらくすることができます。