NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「サルとう」の病気びょうきになったひと日本にっぽんはじめてつかる

Story illustration

厚生労働省こうせいろうどうしょうは25にちよる東京都とうきょうとんでいる30さいぐらいの男性だんせいが「サルとう」の病気びょうきになったといました。男性だんせい今月こんげつ15にちから発疹はっしんねつあたまいたくなって、25にち病院びょういんきました。検査けんさ結果けっか、サルとうのウイルスがうつっていることがわかりました。サルとう病気びょうきになったひと日本にっぽんつかったのははじめてです。

男性だんせい先月せんげつ下旬げじゅんから今月こんげつ中旬ちゅうじゅんまで、ヨーロッパにっていました。男性だんせいは、ヨーロッパでったひとがサルとう病気びょうきになったとはなしています。サルとうはウイルスがうつってから発疹はっしんねつなどがるまで7日なのかから14日じゅうよっかぐらいかかります。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは「男性だんせいはヨーロッパでサルとうのウイルスがうつったとかんがえています。ヨーロッパやアメリカにったあと、発疹はっしんねつたら、病院びょういんってください」とはなしています。