NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新型しんがたコロナ くなった19さい以下いか半分はんぶんはほかに病気びょうきがない

Story illustration

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは、今年ことし1がつから8がつ新型しんがたコロナウイルスがうつってくなった19さい以下いかの29にんについて調しらべました。

このなか半分はんぶんぐらいの15にんには、ほかに病気びょうきがありませんでした。ねつなどのほかに、意識いしきがなくなったり、べたものをいたり、けいれんしたりしたひとおおくいました。せきやのど以外いがい症状しょうじょうにもをつける必要ひつようがあります。

具合ぐあいわるくなってから6日むいか以内いないくなるひとおおくいました。具合ぐあいわるくなって最初さいしょの1週間しゅうかんとくをつける必要ひつようがあります。

ワクチンをけることができる5さいから19さいくなったのは15にんでした。このなかでワクチンを2かいけていたのは2人ふたりでした。専門家せんもんかは「ウイルスがうつらないように、ワクチンの注射ちゅうしゃけることも大切たいせつです」とはなしています。