NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

香川県かがわけん 外国人がいこくじんがおてらあるいてまわる「遍路へんろ」を経験けいけんした

Story illustration

四国しこくのおてらあるいてまわる「遍路へんろ」では、弘法大師こうぼうだいしというおぼうさんと関係かんけいがある88のおてらにおまいりします。香川県かがわけん高松市たかまつし屋島やしまで12にち外国人がいこくじん遍路へんろ経験けいけんしてみるイベントがありました。

アメリカじんやタイじんなど10にんぐらいがあつまって、遍路へんろのときのしろふくて、屋島やしまやまうえにあるおてらまであるきました。

途中とちゅうで「加持水かじすい」という場所ばしょきました。弘法大師こうぼうだいしがつえをつくとみずてきたとわれていて、外国人がいこくじんたちは熱心ねっしん説明せつめいいていました。そして、おてらいたあと、こえしておきょうみました。

参加さんかした男性だんせいは「さかもあってあるくのは大変たいへんでしたが、遍路へんろふくると気持きもちがわって、おもしろかったです」とはなしていました。