NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

インフルエンザになったひと異常いじょう行動こうどう 8ねんで404けん

Story illustration

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、11がつ中旬ちゅうじゅんからインフルエンザになるひとえています。

インフルエンザになると、きゅうはしったりあばれたりする異常いじょう行動こうどうをすることがあります。厚生労働省こうせいろうどうしょうによると、インフルエンザになったひと異常いじょう行動こうどうをしたことが、8年間ねんかんで404けんありました。このなかの78%は20さいになっていないわかひとどもでした。今年ことしがつには、中学生ちゅうがくせいおとこがインフルエンザのくすりんだあと、マンションの4かいからちてくなりました。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、家族かぞくなどがインフルエンザになったら、最初さいしょ2日ふつかぐらいはだれかが一緒いっしょにいてほしいとっています。マンションやアパートにんでいる場合ばあいは、まど玄関げんかんかぎをかけて、ベランダがない部屋へやかせるようにっています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、インフルエンザのくすりんでいなくても異常いじょう行動こうどうをすることがあるので、をつけてほしいとっています。