NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽんの「労働生産性ろうどうせいさんせい」は7つの先進国せんしんこくなかでいちばんひく

Story illustration

日本生産性本部にほんせいさんせいほんぶは、1人ひとりが1時間じかんはたらいて、どのくらいのサービスやもの生産せいさんしたかを計算けいさんした「労働生産性ろうどうせいさんせい」を調しらべています。その結果けっか去年きょねんは、OECDにはいっている35のくに日本にっぽんは20ばんでした。7つの先進国せんしんこく「G7」のなかではいちばんひくくなっています。

日本生産性本部にほんせいさんせいほんぶは、日本人にっぽんじんみじか時間じかん結果けっかはたらかたをしないで、なが時間じかんはたらくことがおおいとっています。時間じかんおお使つかって品質ひんしつたかいサービスやもの生産せいさんしていて、その値段ねだんやすいことも原因げんいんだとっています。

そして「日本にっぽん労働生産性ろうどうせいさんせいは1970ねんからずっと、G7のなかでいちばんひくいです。AIの技術ぎじゅつ使つかったりして、労働生産性ろうどうせいさんせいげてほしいとおもいます」とはなしています。

労働生産性ろうどうせいさんせいがいちばんたかかったくにはアイルランドで、アメリカは6ばんでした。