NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

長野県ながのけん鹿島槍ヶ岳かしまやりがたけで「氷河ひょうが」がつかる

長野県ながのけん鹿島槍ヶ岳かしまやりがたけというやまには、おおきなこおりかたまりがあります。信州大学しんしゅうだいがく研究けんきゅうグループは、このこおりかたまりが「氷河ひょうが」かもしれないとかんがえて、調しらべました。氷河ひょうがは、ゆきこおりになってすこしずつうごいているもので、日本にっぽんでは富山県とやまけんに3つあります。

鹿島槍ヶ岳かしまやりがたけこおりかたまりは、ながさが700m、あつさが40m以上いじょうありました。こおりなかには、氷河ひょうがおなじように空気くうきあわのこっていました。人工衛星じんこうえいせい使つかって位置いちらせるGPSで調しらべると、24日にじゅうよっかあいだこおりが17cmぐらいうごいたことがわかりました。

研究けんきゅうグループは、長野県ながのけんでも氷河ひょうがつかったとっています。