NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ロケットをげたあとに銀色ぎんいろあかいろひかくもえる

18にちあさ鹿児島県かごしまけんから「イプシロン」というロケットがげられました。このあと、九州きゅうしゅう四国しこくなどで「夜光雲やこううん」という銀色ぎんいろあかいろひかくもえました。

普通ふつうくもたかさ10kmぐらいまでのところにできます。夜光雲やこううんたかさ80kmぐらいのところにできるこおりくもで、あさ夕方ゆうがた太陽たいようひかりたると、きれいないろひかります。

気象庁きしょうちょうひとは「夜光雲やこううん自然しぜんにできるのはとてもめずらしいです。18にちは、ロケットからたガスなどがちいさなこおりになって、くもができたとかんがえています」とはなしていました。

鹿児島県かごしまけんでこのくも写真しゃしんった男性だんせいは「オーロラのように複雑ふくざついろひかっていて、とてもきれいでした」とはなしていました。