NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

大林おおばやし宣彦のぶひこ監督かんとく広島ひろしま原爆げんばくとされるまでを映画えいがにする」

映画えいが監督かんとく大林おおばやし宣彦のぶひこさんは、いままでに40ぽん以上いじょう映画えいがをつくっています。大林おおばやし監督かんとく自分じぶんそだった広島県ひろしまけん尾道おのみち映画えいがときをかける少女しょうじょ」などで人気にんきになりました。

大林おおばやし監督かんとくは80さいで、がんの病気びょうきになりましたが映画えいがをつくりつづけています。去年きょねん12がつには、第2次世界大戦だいにじせかいたいせんはじまるまえ日本にっぽんわかひとたちをテーマにした「花筐はながたみ/HANAGATAMI」という映画えいがをつくりました。

大林おおばやし監督かんとくはNHKのインタビューで、つぎはじめて日本にっぽん戦争せんそうをテーマにして、広島ひろしま原爆げんばくとされるまでの映画えいがをつくるといました。広島ひろしま原爆げんばくくなった「桜隊さくらたい」という劇団げきだんひとたちのはなしで、今年ことしがつからはじめたいといました。

大林おおばやし監督かんとくは「わたしは、戦争せんそうつたえる映画えいがをつくるために80さいまできているのだとおもいます。映画えいが世界せかい平和へいわにしたいです」とはなしています。