NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ボーイングの飛行機ひこうきのエンジンに問題もんだいこる可能性かのうせい

アメリカの連邦航空局れんぽうこうくうきょくによると、ボーイング787という飛行機ひこうき一部いちぶは、エンジンの部品ぶひん問題もんだいこる 可能性かのうせいがあることがわかりました。

このため連邦航空局れんぽうこうくうきょくは、このエンジンがいている飛行機ひこうきぶルートについて、条件じょうけんきびしくすることにしました。いままでは、緊急きんきゅうのときにりる空港くうこうまで5時間じかんはん以内いないくことができるルートをぶとまっていました。これからは、2時間じかん20ぷん以内いないくようにしなければなりません。

この飛行機ひこうきをつくった会社かいしゃのボーイングによると、やく670なかでルートの条件じょうけんきびしくなるのは25%ぐらいあります。日本にっぽんでは、全日空ぜんにっくう使つかっている64なかで31あると国土交通省こくどこうつうしょうっています。