NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

忍者にんじゃっていたもの調しらべてあたらしいお菓子かしつく

むかし忍者にんじゃはいつでも簡単かんたんべることができる「兵糧丸ひょうろうがん」というものっていたとわれています。

忍者にんじゃ研究けんきゅうをしている三重大学みえだいがく先生せんせいが、江戸時代えどじだい兵糧丸ひょうろうがんについていてあるふる文書ぶんしょ調しらべました。兵糧丸ひょうろうがんにはもちごめ砂糖さとうのほかに、香辛料こうしんりょうのシナモンも使つかわれていました。ストレスをすくなくしたいとかんがえてべていた可能性かのうせいがあります。

三重大学みえだいがくはお菓子かしみせ一緒いっしょに、兵糧丸ひょうろうがん参考さんこうにして小麦粉こむぎこやシナモンなどを使つかってあたらしいお菓子かしつくりました。「かたやき小焼こやき」という名前なまえで、三重大学みえだいがくなかにあるみせっています。三重大学みえだいがく先生せんせいは「つかれたときなどに、このお菓子かしべてリラックスしてほしいです」とはなしています。