NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

NASA ドローンで火星かせい調しらべる計画けいかく

アメリカのNASAは11にち、ドローンで火星かせい調しらべるための実験じっけんをすると発表はっぴょうしました。地球ちきゅう以外いがいでドローンがぶのははじめてです。

NASAは、火星かせい調しらべるためのくるまにヘリコプターのようなかたちのドローンをせて、2020ねんがつげます。2021ねんがつ火星かせい予定よていです。

ドローンは、おおきさがソフトボールぐらいで、おもさが1.8kgぐらいです。太陽たいようひかりから電気でんきをつくってびます。

火星かせい空気くうき濃度のうど地球ちきゅうの1%で、ドローンがびにくいため、地球ちきゅうよりも10ばいはや羽根はねまわるようにします。

NASAは「ドローンが火星かせいぶことができたら、くるまではくことができない場所ばしょ調しらべることができるとかんがえています」とはなしています。