NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

iPS細胞さいぼう心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをすることがまる

「iPS細胞さいぼう」は筋肉きんにくなどからだのいろいろな部分ぶぶんわることができる細胞さいぼうです。

大阪大学おおさかだいがくさわ芳樹よしき先生せんせいたちのグループはiPS細胞さいぼう使つかって心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをする研究けんきゅうをしています。治療ちりょうは、まずiPS細胞さいぼうから心臓しんぞう筋肉きんにく細胞さいぼうつくって、うすいシートにします。そして、病気びょうきひと心臓しんぞうにこのシートを手術しゅじゅつをします。

16にちくに大阪大学おおさかだいがくのグループにこの治療ちりょうをしてもいいといました。

iPS細胞さいぼうは11ねんまえ京都大学きょうとだいがく山中やまなか伸弥しんや先生せんせいはじめてつくりました。いままでiPS細胞さいぼう使つかって治療ちりょうをする研究けんきゅうすすんでいますが、研究けんきゅう心臓しんぞう治療ちりょうをするのは世界せかいはじめてです。