NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

危険きけんなタックルの問題もんだい 日本大学にほんだいがく監督かんとくが「める」

日本大学にほんだいがくのアメリカンフットボールの選手せんしゅ6日むいか試合しあいで、ボールをげたあとの関西かんせい学院がくいん大学だいがく選手せんしゅうしろからタックルをして、けがをさせました。なぜこのような危険きけんなタックルをしたか問題もんだいになっています。

19にち日本大学にほんだいがく内田うちだ正人まさと監督かんとくはけがをした選手せんしゅなどにあやまりました。そして「全部ぜんぶわたし責任せきにんがあります。監督かんとくめます」といました。

この言葉ことばいて、スポーツちょう鈴木すずき長官ちょうかんは「監督かんとくめることより、なぜ危険きけんなタックルをしたかということのほうがりたい」とっています。けがをした選手せんしゅ父親ちちおやは「選手せんしゅ危険きけんなタックルをした理由りゆうがわかりません」とっています。

試合しあいひらいた団体だんたいは、内田うちだ監督かんとくやタックルをした選手せんしゅなどにはなしいて、この問題もんだいくわしく調しらべています。