NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

京都市きょうとしのおてらできゅうりを使つかって健康けんこういの行事ぎょうじおこな

京都市きょうとしにある蓮華寺れんげじというおてらで22にち、「きゅうりふうじ」という行事ぎょうじがありました。きゅうりを使つかって健康けんこう安全あんぜんいのります。きゅうりを使つかっていの方法ほうほうは、1200ねんぐらいまえはじまったとわれています。

てらひとは、きゅうりをもらったあと、名前なまえいのりたいことをいたかみ一緒いっしょにおぼうさんにわたします。おぼうさんは1ぽんずつきゅうりをって、かみいてあることをんだあと、きゅうりにあなをあけます。そして、あなちいさなふだれていのります。

てらからってかえったきゅうりで、3日みっかあいだからだやさしくさわります。そして、きゅうりをつちなかれると、わるいことがこらないとわれています。

京都市きょうとし男性だんせいは「今年ことしなつとくあついので、元気げんき生活せいかつできるようにいのりました」とはなしていました。