NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

宇宙うちゅう研究けんきゅうをする「スーパーカミオカンデ」のなかせる

岐阜県ぎふけん飛騨市ひだし地下ちか1000mのところには、「ニュートリノ」を調しらべるために東京大学とうきょうだいがくてた「スーパーカミオカンデ」があります。ニュートリノは、物質ぶっしつつくっているもっとちいさい粒子りゅうしの1つです。

スーパーカミオカンデは直径ちょっけいたかさが40mで、まるかたちのセンサーがかべに1まん以上いじょうついています。このセンサーは、宇宙うちゅうからんでたニュートリノとみずがぶつかったときにるとてもよわひかりかんじることができます。2015ねんには、スーパーカミオカンデを使つかって研究けんきゅうをした梶田かじた隆章たかあきさんがノーベルしょうをもらいました。

スーパーカミオカンデのなかにはいつも5まんtのみずはいっていますが、工事こうじのためにみずそとしました。12ねんまえにできてから、みずしたのははじめてです。来月らいげつになったらなかにまたみずれる予定よていです。

東京大学とうきょうだいがく中畑なかはた雅行まさゆき教授きょうじゅは「めずらしいので、みなさんになかせようとおもいました。宇宙うちゅう歴史れきしるために、これからも世界せかいトップの研究けんきゅうつづけたいとおもいます」とはなしていました。