NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

日本にっぽんのユニセフ「スポーツをしているどもをまもろう」

日本にっぽんでは、スポーツの選手せんしゅがコーチなどから暴力ぼうりょくやパワーハラスメントをける問題もんだいつづきました。

日本にっぽんのユニセフは、スポーツをしているどもをまもるために大人おとながどのように指導しどうしたらいいかかんがえました。そして、ユニセフの本部ほんぶ一緒いっしょに10の大切たいせつかんがかたをまとめました。

このなかには「試合しあいつことだけが大事だいじだというかんがかたは、どものためによくない場合ばあいがあるため、をつけなければならない」といてあります。ほかにも、「暴力ぼうりょくやパワーハラスメント、きびしすぎる練習れんしゅうなどをなくすために専門せんもん知識ちしきったひとがアドバイスなどをする」とか「どもたちが相談そうだんできるところなどをつくる」などといてあります。

日本にっぽんのユニセフはこれから、スポーツの団体だんたい学校がっこう会社かいしゃなどのチームにこのかんがかたつたえることにしています。