NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

どもがあしちからはいらなくなる病気びょうきをつけて

急性弛緩性麻痺きゅうせいしかんせいまひ」は、かぜをひいたときのようにねつやせきなどがたあと、あしなどにちからはいらなくなってまひする病気びょうきです。この病気びょうきになったひとおおくはどもです。この病気びょうきはウイルスが原因げんいんの1つだとかんがえられていますが、はっきりとした原因げんいんなおかたなどがわかっていません。

アメリカでは4ねんまえに1000にん以上いじょう今年ことしの10がつにも100にん以上いじょうひとがこの病気びょうきになりました。

日本にっぽんではくに研究所けんきゅうじょ今年ことしがつからこの病気びょうきになったひとかず調しらはじめました。8がつまでは1かげつに10にんぐらいでしたが、9がつからはじめて、10がつは28にちまでに42にんでした。6かげつでは86にんでした。

研究所けんきゅうじょひとは「ねつやせきがたあと、どもがあしうごかさなくなったりあるかなくなったりしたら、すぐに小児科しょうにか専門せんもん医者いしゃがいる病院びょういんってください」とはなしています。