NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

体操たいそうむずかしいわざをAIの技術ぎじゅつただしく採点さいてんする

体操たいそうわざのレベルがたかくなって、試合しあい選手せんしゅわざ採点さいてんすることがむずかしくなっています。

日本にっぽん会社かいしゃ富士通ふじつうは、コンピューターのAIの技術ぎじゅつ使つかって採点さいてんするあたらしいシステムをつくりました。20日はつか、システムの実験じっけんをしました。

このシステムは、選手せんしゅからだとそのまわりの200まんところ赤外線せきがいせんひかりてて、選手せんしゅうごかたをすぐに3Dの映像えいぞうにします。その映像えいぞうただしいわざのデータをAIがくらべて採点さいてんします。

実験じっけんでは、あしからだがまっすぐかどうかなどをAIがチェックして採点さいてんしていました。わざせた選手せんしゅは「このシステムでは、審判しんぱんからえないところもチェックされてしまいます。でも、ただしく採点さいてんできるのはいいことだとおもいます」とはなしていました。

国際体操連盟こくさいたいそうれんめいは、来年らいねん10がつ世界せかい大会たいかいから、審判しんぱん採点さいてん手伝てつだうためにこのシステムを使つかうことにしています。東京とうきょうオリンピックでも使つかいたいとはなしています。