NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

落語らくごわらうことががんの治療ちりょうやくつかどうか研究けんきゅう

Story illustration

大阪おおさか国際こくさいがんセンターのグループは去年きょねんから、落語らくご漫才まんざいなどをわらうことが、がんの治療ちりょうやくつかどうか研究けんきゅうしています。

グループは10日とおか、3にん落語家らくごか病院びょういんんで、がんになった60にん落語らくごてもらいました。落語家らくごか面白おもしろはなしをすると、ひとおおきなこえしてわらっていました。

いままでの研究けんきゅうで、落語らくごなどをると免疫めんえきちからつよくするたんぱくしつがたくさんることがわかりました。グループはもっとくわしく研究けんきゅうするために、ているひとかおをコンピューターで調しらべて、どのくらいわらっているか数字すうじあらわします。

落語らくごいた女性じょせいは「病気びょうき大変たいへんですが、わらうとからだにいいことがわかったら自分じぶん頑張がんばろうという気持きもちになります。いい結果けっかてほしいです」とはなしていました。