NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

くにから生活保護せいかつほごのおかねをもらった家庭かていもっとおおくなる

かねりなくて生活せいかつこまっているひとに、くに必要ひつようなおかねわたすことを「生活保護せいかつほご」といいます。

厚生労働省こうせいろうどうしょうによると、2017年度ねんどは1かげつ平均へいきんやく164まん家庭かてい生活保護せいかつほごのおかねをもらいました。まえ年度ねんどよりやく3800えて、いままででもっとおおくなりました。

このなかやく86まん5000は65さい以上いじょうのお年寄としよりの家庭かていでした。このお年寄としよりの90%以上いじょう1人ひとりんでいました。おかあさんとどもだけの家庭かていなど、お年寄としよ以外いがい生活保護せいかつほごのおかねをもらった家庭かていすこしずつっています。

くに研究所けんきゅうじょは、2040ねんにはお年寄としよりの男性だんせいの20%、女性じょせいの25%が1人ひとりむとかんがえています。おかねりなくてこまるお年寄としよりは、これからもっとえる心配しんぱいがあります。