NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

滋賀県しがけん彦根市ひこねし 江戸時代えどじだいのひな人形にんぎょう展覧会てんらんかい

Story illustration

滋賀県しがけん彦根市ひこねしにある彦根城ひこねじょう博物館はくぶつかんで、むかしのひな人形にんぎょう展覧会てんらんかいひらいています。展覧会てんらんかいでは、江戸時代えどじだい彦根城ひこねじょうんでいた大名だいみょうむすめ結婚けっこんするときにってったひな人形にんぎょう道具どうぐなどを200ぐらいることができます。

江戸時代えどじだいはじめごろのたかさ30cmぐらいのひな人形にんぎょうは、かおまるくて、着物きもの和紙わしでできています。ひな人形にんぎょう一緒いっしょかざちいさなおわんや重箱じゅうばこなどの道具どうぐには、きん模様もようがあります。

博物館はくぶつかんひとは「こまかいところまできれいにつくってある道具どうぐをぜひてください」とはなしていました。この展覧会てんらんかいは3がつ4日よっかまでです。