NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

なが時間じかんはたらひと突然とつぜん心筋しんきん梗塞こうそく」になる可能性かのうせいたか

Story illustration

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターや大阪おおさか大学だいがくのグループは、はたら時間じかんと「心筋しんきん梗塞こうそく」の関係かんけい研究けんきゅうしました。心筋しんきん梗塞こうそく心臓しんぞうながれにくくなってくなることもある病気びょうきです。

グループは、40さいから59さい男性だんせいやくまん5000にんを20ねん調しらべました。1日いちにちはたら時間じかんが7時間じかん以上いじょうで9時間じかんよりみじかひとたちと、ほかのひとたちをくらべました。1日いちにちに11時間じかん以上いじょうはたらひとは、突然とつぜん心筋しんきん梗塞こうそくになる可能性かのうせいが1.63ばいたかくなりました。50さいから59さいなが時間じかんはたらひとは、2.6ばいたかくなりました。

なが時間じかんはたらひと十分じゅうぶんていないために、つかれたりストレスがえたりすることが原因げんいんだとグループはかんがえています。大阪おおさか大学だいがくいそ博康ひろやす先生せんせいは「なが時間じかんはたら生活せいかつをずっとつづけていると、定年ていねん仕事しごとをやめたあとに心筋しんきん梗塞こうそくになる可能性かのうせいがるとかんがえています」とはなしています。