NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ノーベルしょう本庶ほんじょさん「くすり特許とっきょ契約けいやくえてほしい」

Story illustration

京都大学きょうとだいがく特別とくべつ教授きょうじゅ本庶ほんじょたすくさんは、くすり会社かいしゃ小野薬品工業おのやくひんこうぎょう一緒いっしょに、がんを治療ちりょうするあたらしいくすりをつくりました。このくすり研究けんきゅうなどで、本庶ほんじょさんは去年きょねんノーベルしょうをもらいました。

本庶ほんじょさんと小野薬品工業おのやくひんこうぎょうは、このくすりをつくる技術ぎじゅつ特許とっきょっています。本庶ほんじょさんは、ほかの会社かいしゃがこの技術ぎじゅつ使つかうときにはらったおかねを、小野薬品工業おのやくひんこうぎょうける 契約けいやくをしています。本庶ほんじょさんは10日とおか、「いま契約けいやくでは、わたしがもらうおかねがとてもすくないとおもいます」といました。

京都大学きょうとだいがく弁護士べんごしは「いま契約けいやく本庶ほんじょさんがもらうおかねは26おくえんぐらいですが、ただしく契約けいやくをしたら1000おくえんぐらいになります」とはなしています。

本庶ほんじょさんはもらったおかねわかひとたちの研究けんきゅうのために使つかいたいとかんがえていて、「会社かいしゃ大学だいがくただしく協力きょうりょくして、わか研究けんきゅうしゃそだてなければなりません」とはなしています。

小野薬品工業おのやくひんこうぎょうは「いま契約けいやくとずいぶんちがうので、相談そうだんつづけています」とはなしています。