NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

災害さいがいのときすくないみずながすことができるトイレ

Story illustration

LIXILという会社かいしゃは、地震じしんなどの災害さいがいのとき、普通ふつうよりすくないみずながすことができるトイレをつくりました。9日ここのか、このあたらしいトイレの説明会せつめいかい熊本市くまもとしでありました。

普通ふつうのトイレはながすとき1かい5Lのみず使つかいます。あたらしいトイレは、いつもは5Lのみずながしますが、1Lのみずながすようにえることができます。みずながれていくところいたりまったりするふたがあって、においもにくくなっています。掃除そうじもしやすくて、きれいに使つかうことができるようにしました。

災害さいがいのとき水道すいどうまると、みずをたくさん使つかうことができません。会社かいしゃは、避難ひなんするひとあつまる学校がっこうなどでこのトイレを使つかってほしいとかんがえています。