NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

NASA「宇宙うちゅうに1ねんいても健康けんこう問題もんだいはない」

宇宙飛行士うちゅうひこうしのスコット・ケリーさんは2015ねんの3がつから1ねんぐらい、国際こくさい宇宙うちゅうステーションにいました。ケリーさんは宇宙うちゅうにいるあいだに、地球ちきゅうで50ねんあいだけるよりおおくの放射線ほうしゃせんけて、重力じゅうりょくのないところながあいだいました。

NASAなどのグループは、ケリーさんのからだわったかどうか、双子ふたご兄弟きょうだいくらべました。その結果けっかとしをとるとみじかくなる染色体せんしょくたいの「テロメア」という部分ぶぶんが、宇宙うちゅうではみじかくなりにくいことがわかりました。免疫めんえきやDNAをなお一部いちぶ遺伝子いでんしわっていました。

地球ちきゅうかえってから6かげつぎると、テロメアのながさは普通ふつうもどりましたが、一部いちぶ遺伝子いでんしもどりませんでした。

グループは「ケリーさんのからだおおきな問題もんだいはありませんでした。宇宙うちゅうに1ねんぐらいいても健康けんこう問題もんだいはありません」とっています。