NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

法律ほうりつ専門家せんもんか以外いがいひと参加さんかする「裁判員さいばんいん制度せいど」が10ねん

Story illustration

法律ほうりつ専門家せんもんかではないひとたちも裁判さいばん参加さんかする「裁判員さいばんいん制度せいど」がはじまって、21にちで10ねんになりました。いままでに9まんにん裁判員さいばんいん参加さんかして、やくまん2000にん被告ひこく判決はんけつました。

ひところした事件じけんせいてき暴行ぼうこう事件じけんでは、裁判員さいばんいん参加さんかしたときは、裁判官さいばんかんだけのときよりもけいおもくなっていました。そして、裁判員さいばんいん参加さんかしたときは、被告ひこくにもう一度いちど頑張がんばってほしいという気持きもちで判決はんけつかんがえることがおおくなっています。

東京とうきょうで21にち裁判員さいばんいんえらばれてもできないとひとえている問題もんだいについて会議かいぎがありました。裁判員さいばんいん経験けいけんがある男性だんせいは、裁判員さいばんいんえらばれたとき会社かいしゃひとこまっていたため、裁判所さいばんしょから会社かいしゃにも連絡れんらくしてほしいとはなしました。検察庁けんさつちょうひとは、裁判さいばん必要ひつよう期間きかんみじかくして参加さんかしやすいようにしたいとはなしました。裁判所さいばんしょひとは「裁判員さいばんいんになったひとのうち96%がいい経験けいけんだったとこたえています。このことをもっとってほしいです」とはなしました。