NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

フランスの美術館びじゅつかんが「はだかのモナリザ」を展示てんじ

今年ことしは、レオナルド・ダビンチがくなってから500ねんになります。フランスのパリのちかくにあるコンデ美術館びじゅつかんは、「はだかのモナリザ」とばれる来月らいげつから展示てんじします。このは、ダビンチがかいた「モナリザ」とよくています。

美術館びじゅつかんによると、このはダビンチが仕事しごとをしていた場所ばしょで「モナリザ」のあとにかかれました。このには、ひだりでかいた部分ぶぶんがあります。このため、ひだりをかいていたダビンチが一部いちぶをかいた可能性かのうせいたかいとわれています。女性じょせいむねふくらんでいますが、うでには男性だんせいのような筋肉きんにくがついています。

美術館びじゅつかんひとは「男性だんせいうつくしさと女性じょせいうつくしさをかいたのだとおもいます。ダビンチがかんがえる理想りそううつくしさだとおもいます」とはなしていました。