NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

東海道新幹線とうかいどうしんかんせんの「N700S」 時速じそく360kmではしるテスト

JR東海とうかい来年らいねんがつから、東海道新幹線とうかいどうしんかんせんで「N700S」というあたらしい新幹線しんかんせん使つか予定よていです。

6日むいかよるあたらしい新幹線しんかんせん米原駅まいばらえきから京都駅きょうとえきまではしるテストがおこなわれました。あたらしい新幹線しんかんせんは、いまおな時速じそく285kmではしることになっています。しかし、テストでは時速じそく360kmまでスピードをげて、気持きもちよくることができるか、おとがうるさくないかなどをチェックしました。

JR東海とうかいによると、あたらしい新幹線しんかんせんは、はしっているときにまえからけるかぜちからいままでよりちいさくなっています。そして、ブレーキがよくなっていて、地震じしんなどでも安全あんぜんにスピードをげることができるとっています。

JR東海とうかいは、新幹線しんかんせんをアメリカや台湾たいわん輸出ゆしゅつするために、あたらしい新幹線しんかんせんのよさをもっとってほしいとかんがえています。