NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

むぎわら帽子ぼうし工場こうじょういそがしい季節きせつになる

Story illustration

埼玉県さいたまけん春日部かすかべでは明治時代めいじじだい農家のうかひとたちがむぎわら帽子ぼうし生産せいさんはじめました。いちばんたくさん生産せいさんしていたのは1955ねんごろで、いまでは3げん工場こうじょう生産せいさんつづけています。

10にんぐらいのひとはたら工場こうじょうでは、去年きょねん11がつはじまったむぎわら帽子ぼうし生産せいさんが、いまいちばんいそがしくなっています。

工場こうじょうでは、はたらひとがひものようなかたちにしたむぎわらをミシンで帽子ぼうしかたちっていました。そのあと、そとかわかして、きれいなかたちになるようにプレスします。最後さいごに、かざりなどを帽子ぼうしけていました。

この工場こうじょうでは今年ことし、6まんから7まんむぎわら帽子ぼうしつく計画けいかくです。