NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

スマートフォンとわかひとの「急性内斜視きゅうせいないしゃし」の関係かんけい調しらべる

日本にほん弱視じゃくし斜視しゃし学会がっかいは、内側うちがわってもどらなくなる「急性内斜視きゅうせいないしゃし」とスマートフォンなどの関係かんけい調しらべるために、眼科がんか医者いしゃにアンケートをしました。369にんこたえました。42%の医者いしゃは、去年きょねん、「急性内斜視きゅうせいないしゃし」になったわかひと病院びょういんたとこたえました。

このなかの77%は、「スマートフォンなどと関係かんけいがあるとおもった」とこたえていました。学会がっかいは、スマートフォンなどを使つかいすぎることと関係かんけいがあるかもしれないとかんがえて、これからも調査ちょうさつづけるとっています。

調査ちょうさでは、スマートフォンなどを使つか時間じかんや、からどのくらいはなして使つかっているか調しらべます。使つか時間じかんみじかくしたら、よくなったかどうかも調しらべます。学会がっかいは、どうしたら「急性内斜視きゅうせいないしゃし」にならないかや、なおかたを2022ねんぐらいまでに発表はっぴょうしたいとっています。