NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

法律ほうりついぬねこにチップをつけなければならなくなる

Story illustration

法律ほうりつわって、ペットのいぬねこに、だれっているかわかるちいさなチップをつけなければならなくなりました。いぬねこてられたとき、だれてたかすぐにわかるようにするためです。地震じしんなどの災害さいがいで、いぬねこっているひと別々べつべつになったときもやくちます。

いぬねこ繁殖はんしょくをするブリーダーやペットをみせなどは、いぬねこからだにチップをれなければなりません。チップをれたら、っているひと住所じゅうしょなどをくにらせて登録とうろくしなければなりません。いまっているいぬねこには、できるだけチップをつけるようにします。

法律ほうりつでは、いぬねこまれてから56にちまでったり展示てんじしたりしてはいけないことにしました。特別とくべつめたいぬは49にちまでにします。

動物どうぶつ虐待ぎゃくたいしたときのばついままでよりきびしくしました。