NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

目的もくてきくじらをとることを日本にっぽんがまたはじめる

Story illustration

日本にっぽん目的もくてきくじらをとっていましたが、31ねんまえからやめていました。世界せかいくにくじらについてはなうIWCが「くじらすくなくなってしまうため、調査ちょうさ以外いがい目的もくてきくじらをとってはいけない」とめたからです。しかし日本にっぽんはIWCからて、目的もくてきくじらをとることを7がつ1日ついたちからまたはじめました。日本にっぽんは、うみにいるくじらすくなくならないようにりょうめてとるとっています。

山口県やまぐちけん下関市しものせきしでは、くじらをとるふね出発しゅっぱつをおいわいするしきがありました。下関市しものせきしではむかしくじらをたくさんとっていたため、「くじらのまち」で有名ゆうめいです。

下関市しものせきし市長しちょうしきで「目的もくてきくじらをとりたいとながあいだずっとおもっていました。出発しゅっぱつしきおこなうことができて、とてもうれしいです」とはなしました。みなとには、ふねおくりに家族かぞくあつまりました。ふねはこれから3かげつあいだくじらをとります。

1日ついたちは、北海道ほっかいどう釧路市くしろしみなとからもくじらをとるちいさなふねせき出発しゅっぱつしました。