NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

人間にんげんがアフリカからたのはかんがえていたよりまえだった

Story illustration

ドイツの大学だいがくなどのグループは、ギリシャのみなみにある洞窟どうくつからつかった2つのあたまほね調しらべました。放射線ほうしゃせん使つかって調しらべた結果けっか、1つは21まんねんまえ人間にんげんほねだとわかりました。

いままでにつかった人間にんげんほねは、アフリカでつかったものが30まんねんまえほねでした。中東ちゅうとうは18まんねんまえひがしアジアは9まんねんまえ、ヨーロッパは5まんねんまえほねでした。ギリシャでつかったほねは、人間にんげん最初さいしょんでいたアフリカ以外いがいつかったほねなかでいちばんふるいことになります。

グループは「人間にんげんがアフリカからそとたのは、いままでにかんがえていたよりなんまんねんまえだったことになります。人間にんげんがどのようにきてきたかを調しらべるのにやくつとおもいます」とはなしています。