NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新幹線しんかんせん 停電ていでんしてもはしることができる

JR東海とうかいは、来年らいねん東京とうきょうオリンピックのまえから、東海道新幹線とうかいどうしんかんせんで「N700S」というあたらしい車両しゃりょう使つかいます。「N700S」は、地震じしん台風たいふうなどで停電ていでんして電気でんき使つかうことができないときでも、リチウムイオン電池でんちはしることができます。電池でんちはしるシステムは、新幹線しんかんせんのようにはやはし鉄道てつどうでは世界せかいはじめてです。

10日とおか、このシステムを使つかってはし試験しけん静岡県しずおかけん三島市みしましでありました。停電ていでんしたときとおなじようにするため、車両しゃりょううえにあるパンタグラフをげて、電気でんきおくることをめました。

試験しけん使つかった新幹線しんかんせんは16の車両しゃりょうのうち4つにリチウムイオン電池でんちがあります。この電池でんちうごはじめて、時速じそく30kmまでスピードをげました。そして、2kmぐらいはしりました。

JR東海とうかいは「このシステムを使つかって、地震じしん台風たいふうなどのときも、みなさんが安全あんぜん新幹線しんかんせん利用りようできるようにしたいです」とはなしています。