NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

手足口病てあしくちびょう これから2週間しゅうかんぐらいがいちばんおおくなりそう

Story illustration

手足口病てあしくちびょうどもがなることがおお病気びょうきで、あしくちなかなどにちいさな発疹はっしんができます。この病気びょうきはウイルスでうつって、のうおも病気びょうきになることもあります。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、今月こんげつ7日なのかまでの1週間しゅうかんにこの病気びょうきになったどもは3まん1000にんぐらいでした。7がつはじめごろでは、いままでの10ねんもっとおおくなりました。とく福井県ふくいけん石川県いしかわけんおおくなっています。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは、手足口病てあしくちびょうになるどもはこれから2週間しゅうかんぐらいのあいだにいちばんおおくなるとかんがえています。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは「ちいさなどもがいる家庭かてい保育園ほいくえんなどでは、あかちゃんのおむつをえたあとはきれいに片付かたづけてください。よくあらって、ほかのひとおなじタオルを使つかわないようにしてください」とっています。