NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ボールをげすぎてひじの手術しゅじゅつをするどもがおお

「トミー・ジョン手術しゅじゅつ」は、ひじの具合ぐあいわるくなった野球やきゅう選手せんしゅける手術しゅじゅつです。群馬県ぐんまけん病院びょういんはたら医者いしゃ古島ふるしま弘三こうぞうさんはいままでに600かい以上いじょう、この手術しゅじゅつをしました。

古島ふるしまさんによると、手術しゅじゅつをしたひとの40%ぐらいが高校生こうこうせい以下いかどもでした。このなかには小学生しょうがくせいもいました。手術しゅじゅつけたおおくのどもは、ボールをげることができなくなっていて、手術しゅじゅつ以外いがいなお方法ほうほうがありませんでした。

古島ふるしまさんは「ほねがまだおおきくなっていないどもがやすまないでボールをたくさんげると、ひじがわるくなる危険きけんたかくなります。野球やきゅうおしえるひとは、ひじの具合ぐあいわるくならないようにをつけなければなりません」とはなしています。