NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

手紙てがみ宛先あてさきかたがわからないどもがえている

文部科学省もんぶかがくしょう今年ことしの「全国学力ぜんこくがくりょくテスト」では、中学校ちゅうがっこう年生ねんせい国語こくごで、手紙てがみ宛先あてさきかた問題もんだいました。

ただしいかたは、封筒ふうとうみぎ住所じゅうしょいて、なかに「さま」などをつけた相手あいて名前なまえきます。しかし、ただしくこたえた中学生ちゅうがくせいは57%だけでした。間違まちがったこたえでは、相手あいて名前なまえみぎいたり、住所じゅうしょ一緒いっしょにメールのアドレスをいたりしていました。7ねんまえのテストでただしくこたえた中学生ちゅうがくせいは74%で、今年ことしは17ポイントひくくなりました。

インターネットのSNSを使つかうことがえて、どもたちが手紙てがみ機会きかいすくなくなっているようです。

日本語にほんご研究けんきゅうしている大学だいがく先生せんせいは「手紙てがみだからつたえることができる気持きもちもあるとおもいます。どもたちには手紙てがみのいいところを大切たいせつにしてほしいです」とはなしています。