NHK News Web Easierイーシア

Single Story

地震じしんこったら

1.建物たてものなかにいるとき
2.そとげるとき
3.そとにいるとき
4.くるま運転うんてんしているとき
5.いえかえるとき
6.家族かぞく友達ともだち連絡れんらくするとき
7.いえ生活せいかつができないとき

【1.建物たてものなかにいるとき】 
地震じしんこったら、テーブルのしたなどにはいって、れがまるまでちましょう。うえからものちてきたり、本棚ほんだななどの家具かぐたおれたりして危険きけんだからです。ストーブやガスのは、れがまってからしてください。れているときにそうとすると、やけどをすることがあります。

【2.そとげるとき】
ブレーカーのスイッチを「る(off)」にして電気でんきってから、そとてください。おおきな地震じしんでは「停電ていでん」になって電気でんきまることがあります。そのあと電気でんきがまたながれたときに、ストーブなどが自動じどうでついて、火事かじになることがあるからです。

【3.そとにいるとき】
ビルのちかくは、まどガラスや看板かんばんなどがちてくることがあります。かばんなどであたままもりながら、安全あんぜん場所ばしょげてください。

ブロックのへい自動販売機じどうはんばいきなどたおれやすいものちかくも危険きけんです。やまがけなどはくずれて危険きけんですから、とおくにげてください。

【4.くるま運転うんてんしているとき】
くるまをゆっくりみち左側ひだりがわめて、エンジンをります。くるまみちいてげる場合ばあいは、ドアにかぎをかけないで、くるまかぎけたままにしておきましょう。救急車きゅうきゅうしゃ警察けいさつなどのくるまとおるときに、うごかすことがあるからです。

【5.いえかえるとき】
おおきな地震じしんこると、電車でんしゃやバスなどがまることがあります。いそいでいえかえろうとしないで、会社かいしゃ学校がっこうなど安全あんぜん場所ばしょでしばらくってください。大勢おおぜいひとおな時間じかんかえろうとすると、みちえきなどがんで危険きけんだからです。テレビやインターネットなどで調しらべて、安全あんぜんだとわかってからかえりましょう。

【6.家族かぞく友達ともだち連絡れんらくするとき】
地震じしんのあとは大勢おおぜいひと電話でんわ使つかうため、家族かぞく友達ともだち連絡れんらくしにくくなります。電話でんわ番号ばんごう171の「災害さいがいよう伝言でんごんダイヤル」を使つかうと、会話かいわはできなくてもメッセージを録音ろくおんしたり、いたりすることができます。携帯電話会社けいたいでんわがいしゃの「災害さいがいよう伝言でんごんばん」などでもメッセージをおくることができますから、使つかかた調しらべておきましょう。

【7.いえ生活せいかつができないとき】
建物たてものこわれたりしていえ生活せいかつができなくなった場合ばあいまちなどがめた「避難所ひなんじょ」にしばらくいることができます。大勢おおぜいひと一緒いっしょ生活せいかつをしますから、健康けんこうをつけましょう。

せま場所ばしょなが時間じかんからだうごかさないと、「エコノミークラス症候群しょうこうぐん」という病気びょうきになることもあります。くるまなか生活せいかつをするひととくをつけましょう。

See on NHK News Web Easy (if still available)